大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

社会経済学科

カリキュラム

授業・ゼミ紹介

プロジェクト・イングリッシュA

プロジェクト・イングリッシュA

英語を聞く力と話す力を伸ばすことを目指します。基本的なことを繰り返し学習し、「聞く」「話す」の両方のスキルアップを行います。 英語で聞いて、英話で自分の考えや意見を述べるためには、話の流れをいち早くキャッチしポイントを押さえることが重要です。そこで、ポイントのつかみ方を学び理解力を向上させ、自分の意見を相手に伝える会話のキャッチボールを行います。

国際経済A・B

国際経済A・B

「国際経済学」は、外国とのヒト・モノ・サービス・資金などの取引について分析する学問です。例えば、「貿易戦争」や「円高」について、賛成派・反対派がそれぞれの立場から異なる主張を展開していますが、日本経済全体、世界経済全体にとって望ましい状況は何か、冷静な議論が必要です。「国際経済A・B」では国際経済問題を取り上げながら理論をベースに考えていきます。

日本経済史A・B

日本経済史A・B

日本経済がたどってきた歴史を学びます。年表を覚える必要はありません。必要なのは、例えば景気の変動などは「なぜ」起こったのかを探ること。それには、衣食住・教育など多くの出来事との関係で考えることが重要です。日本経済史は、「なぜ」堤防には桜が植えられているのか、「なぜ」遊園地にはプールがあるかなど、身近なモノへの見方を変え、疑問を解決できる学問です。

社会保障A・B

あなたは国民年金保険料を納付していますか。

年金、介護、医療、少子化問題は自分たちに関係ないと思うかもしれませんが、学生の皆さんの生活にも密接にかかわっています。「社会保障」では、これらの制度の基本的な考え方を理解し、社会経済の変化に制度がどのように対応しているか考えていきます。また、私たちの生き方や働き方で適用される制度が異なるのはなぜかなど、疑問をもつことを通じて知識を深めていきます。

2018年度ゼミ一覧

  • 日本経済と日本企業の経営戦略について考える
  • 日本経済の歴史、他大学とのディベート
  • 欧米近現代政治経済史研究
  • 国際経済学研究―日本を取り巻く国際経済の諸問題を分析する―
  • 経済学史古典の研究
  • 景気分析と理論で読み解く日本経済
  • 現代消費社会の研究
  • ゲームマインドを身に付ける ―ゲーム理論を用いた経済分析―
  • ヨーロッパ社会経済史
  • 「社会集団」についての経済学・社会学的研究
  • 現代日本の経済システム
  • 地域研究:中国および日本の経済情勢および比較研究

※上記以外に現代経済学科のゼミからも選択できます。

  • 大学院経済研究科
  • 経済研究所
  • 経済学部公認Facebook
  • 経済学部公認Twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院経済研究科
  • 経済研究所
  • 経済学部公認Facebook
  • 経済学部公認Twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ