大東文化大学 社会学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 社会学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

社会学科

社会調査士

社会調査士とは

「社会調査士」とは、インタビュー調査やアンケート調査の方法を学び、統計や世論調査の結果を批判的に検討するなど、社会調査の現場で必要な能力をもった「社会調査の専門家」のことです。
一般社団法人社会調査協会よって認定される資格で、調査の企画・設計から,調査の実施、報告書作成までの全過程を学び、基本的な調査方法や分析手法、結果の解釈が妥当なものかどうか、問題点を指摘することができるようになります。
マスコミや政府が行う世論調査など、現代社会では数多くの社会調査が行われています。社会現象から適切に情報を収集し、分析する能力は今後ますます社会で必要とされていくでしょう。

社会調査協会のウェブサイトに「学生の声」座談会の記事が公開されました。
2020年度に「社会調査実習」を履修した学生たちの感想です。

資格の取得方法
社会学科 社会調査士科目早見表
社会学科科目名 配当年次 標準カリキュラム
A 社会調査I 1年 社会調査の基本的事項に関する科目
B 社会調査II 1年 調査設計と実施方法に関する科目
C 社会統計入門 1年 基本的な資料とデータの分析に関する科目
D 情報と統計基礎実習 2年 社会調査に必要な統計学に関する科目
E 量的調査法 2年 多変量解析の方法に関する科目
F 社会調査法 2年 質的な調査と分析の方法に関する科目
G 社会調査実習 3年 社会調査を実際に経験し学習する科目
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ