大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

スポーツ・健康科学部からのお知らせ

2019年06月11日

第2回大東文化大学看護学会開催のご案内〜講演会のお知らせ〜

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

2019年6月29日(土)13時30分~16時にて第2回大東文化大学看護学会講演会を開催いたします。場所は大東文化大学60周年記念講堂(東松山キャンパス)です。

 

大会テーマ”救急医療における看護の役割を考える”をあげ、埼玉医科大学総合医療センターのフライトナース 猿谷倫史先生、八戸市立市民病院 院長兼臨床研修センター所長 今明秀先生 が来校されます。

猿谷先生は埼玉医科大学短期大学看護学科ご卒業後、同大学総合医療センター救命後方病棟に勤務されています。その後、高度救命救急センターに異動され、2007年10月に、埼玉県ドクターヘリ フライトナースに任命されております。東日本大震災の際にはドクターヘリにて災害派遣され、東北地方にて活動されました。現在は、高度救命救急センター 看護師として勤務されています。さらに埼玉県のドクターヘリ フライトナースとしてご活躍されており、ドクターヘリでのフライトは800回を超えます。

今先生は、救急医療の世界では知らない人はいないとされるカリスマ医師です。医療過疎地にドクターカーやドクターヘリをいち早く導入し、さらには日本初の移動緊急施術室の開発・運用を行い、一流の救急医療が受けられる体制を構築されました。「プロフェッショナル仕事の流儀(NHK)」や「情熱大陸(TBS)」等メディアにも多数出演されています。合言葉は「劇的救命!」

大学内の学生及び教職員、地域関係者の皆様、是非この機会にご聴講ください。多くの方のご来場をお待ちしております。

お問い合わせ:スポーツ・健康科学部 看護学科 大東文化大学看護学会運営委員会事務局 nsgakkai@ic.daito.ac.jp

第2回大東文化大学看護学会講演会の概要

日時 2019年6月29日 13時45分から16時まで(13時30分~受付開始)

 

場所 大東文化大学60周年記念講堂(東松山キャンパス)

 

申込 不要

 

対象 一般の方も含めてどなたでもご参加いただけます

 

ご注意 お車でのご来場はご遠慮ください。学内に駐車スペースはございません。

    公共交通機関もしくは高坂駅からのスクールバスをご利用ください。

講師の先生方について

猿谷倫史(さるやのりふみ)先生

埼玉医科大学総合医療センター 高度救命救急センター 看護師

■略歴

1999年3月 埼玉医科大学短期大学 看護学科卒業

1999年4月 埼玉医科大学総合医療センター 就職 救命後方病棟配属

2002年4月 高度救命救急センター

2007年10月 埼玉県ドクターヘリ フライトナースを拝命

■資格・役職

埼玉県ドクターヘリ フライトナース

フライトナースリーダー

 

 

 

今明秀(こんあきひで)先生

八戸市立市民病院 院長兼臨床研修センター 所長

■略歴

1983年 自治医科大学 卒業

1998年 日本医大救急医学教室

2004年 八戸市立市民病院救命救急センター

2017年より八戸市立市民病院 院長

■資格・役職

日本外傷学会 会長

外傷初期診療看護師コース代表

産科救急ALSO-JAPAN救急蘇生アドバイザー

このページのTOPへこのページのTOPへ