大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

法律学科

カリキュラム

授業・ゼミ紹介

刑法1A・1B

刑法1A・1B

刑法とは、犯罪と刑罰に関する法律のこと。犯罪には殺人罪、傷害罪、窃盗罪などがあり、どんな場合に犯罪が成立し、どんな形で刑罰が科されるのかという共通事項を学びます。例えば、正当防衛はどんな場合に成立し、どんな場合に行き過ぎになるのかといった問題を、実際に起きた事例とともに学びます。身近な例を出すように努めていますので、新しい発見を楽しんでください。

民法3A・3B

民法3A・3B

銀行がAさんに融資を行うとき、Aさんがお金を返せなかった場合に備えて、銀行はAさんから保証人や財産などを担保として提供してもらいます。担保を設けることによって、銀行は安心してお金を貸すことができ、私たちはお金を借りやすくなるのです。民法3A・Bはお金の貸し借りに関わる大切な法律。金融関係に就職する人はもちろん、企業で働く場合にも役立つ知識です。 

専門演習(刑法)

専門演習(刑法)

犯罪と刑罰に関する刑法の諸問題を検討しています。判例を課題として、その論拠や解説を丁寧に読んで報告してもらい、その後、全員で議論します。犯罪を耳にすると感情的になりがちですが、批判的に考察し、考え方が異なる相手にも納得してもらえるよう、結論に至る過程を論理的に説明する力をつけることが目標です。自由に意見を出し合える雰囲気づくりにも心がけています。

専門演習(法哲学)

若きサドの肖像画

憲法判例でも取り上げられる「『悪徳の栄え』事件」で問題となった、サド(澁澤訳)『悪徳の栄え』を扱います。サドの生きた当時のフランス社会を学びながら、小説をじっくり読んでいきます。毎回予習箇所についての考察を、受講生全員がアクセス可能なクラウド上のシートに書き込み、演習中の議論の参考にしています。

2018年度ゼミ一覧

公法
  • 憲法理論と判例の研究
  • 税法・財政法
  • 行政法とそのシステムの考察
  • 社会保障法
民事法
  • 財産法および不動産に関する諸問題
  • 経済法―独占禁止法と消費者法の事例研究
  • 保険契約法の基礎知識
  • 知的所有権法
  • 労働法の現状と課題
  • 民法(特に不法行為)に関する判例研究
  • 民事訴訟法
  • 財産法判例研究
  • 会社法―株式会社の研究
  • 契約法判例研究
刑事法
  • 刑事法の理解
  • 刑事訴訟法判例研究
  • 刑事裁判制度の諸問題
国際法
  • 国際法
基礎法学・研究法
  • 法制史・環境問題
  • 法社会学
  • データ収集方法と整理・統計的分析
  • 法哲学研究
  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ