Asia education

「プレミアム就活セミナー」(第3回:最終回)が開催されました(12月19日)

  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア
  • Twitterでシェア

株式会社らいふホールディングス企画の「プレミアム就活セミナー」(3週連続)が、12月18日に最終回を迎えました。

最終回のテーマは「新卒社員相談座談会」。野中千秋さんをはじめとする入社2~3年目の社員の方々が講師です。就活体験談や入社を決めた理由、仕事でのエピソードなどのお話の後は、これまでのセミナーで気になっていること、就活に対する不安や迷い、企業選びや会社訪問の仕方等々、先週までの2回のセミナーとは違い、学生の側からどんどん質問をぶつけていく企画です。3つのグループに分かれ、講師は15分ごとのローテーション。「NGワードなし! 本音で答えます!」と銘打たれた座談会は、予想通りの大盛況でした。

座談会の後は、三回のセミナーを締めくくる渡部社長室長の講話です。激励の言葉と、なによりも説得力に富むその熱いメッセージに、就活に挑む意欲と勇気をもらった学生も少なくないはずです。渡部氏は、学生たちに向けて諭すように語りかけます。



 
「就活のゴールは内定を獲得することであるが、どれだけ多く内定をとったか、内定の数はまったく問題ではない。


 

『就活とは、一社に出会うための活動なのです』。

 


 

これから内定を獲得するまでには、たくさんの失敗や落胆を経験するに違いありません。しかし、失敗にこだわって足を止めてはいけない。もし足を止めそうになったら『なぜ自分は足を止めようとしているのか』その理由をとことん考え抜き、次の行動に繋げてください。足を止めればそれで終わりで、プラスになることは何もないけれど、歩き続けるかぎり、経験量は確実に増えていくのですから。」

「自分は、一社に出会うために就活をやっているのだ」落ち込んでいるときばかりではなく、順調に進んでいるときにも、学生諸君には、このような自覚をしっかりもって歩き続けてもらいたいものです。

【受講した学生の感想】

今回のセミナーを受講できた学生諸君は、就職活動という点では、たいへんなアドバンテージを得たといえるでしょう。しかし、問題はこれからです。3回のセミナーで学んだこと、気づいたことなどを直ちに実践に移すとともに、これから開催が予定されている学内外のさまざまなセミナーに積極的に参加してみてください。

 

「不安は経験を重ねることによってしかなくなりません」でしたね。

 

”No guts, No glory, 
Go for it.”