News

お知らせ

2021年度文学部特別講義「戦争と琵琶『琵琶新聞』からみる琵琶歌の歌詞と戦時状況の関係性」行う

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

2021年度 第32回文学部特別講義が10月14日、「戦争と琵琶『琵琶新聞』からみる琵琶歌の歌詞と戦時状況の関係性」と題し、薩摩琵琶演奏家の水島結子氏を招いてオンラインで開催された。特別講義開始にあたり、荒井 明夫文学部長より「昨年度の特別講義は新型コロナウイルスの影響で中止となり、2年ぶりの開催となります。今日の公演は、水島先生にご講義いただきますが、芸術と歴史を一度に体験できる非常に貴重な講義です。私自身も先生のお話と演奏を大変楽しみにしています。」との挨拶があった。

講演をする水島氏
水島氏からは近代琵琶の流行や琵琶の歌詞の移り変わり、戦争と琵琶の歴史などについて説明がされた。
薩摩琵琶と名付けたのは明治天皇だったといった話や昭和7年には琵琶楽が和楽部門の人気TOPだった、大正時代には『琵琶新聞』の別冊の企画で、琵琶女流演奏家の人気投票やブロマイドがあったといった当時の琵琶の人気が窺えるような話もあり、参加者は水島氏の話に聞き入っていた。
演奏する水島氏
演奏では『祇園精舎』と『新嘉坡の陥落』の2曲を当時の時代背景の説明を交えて披露された。
最後には、「この講義を通じて、琵琶の歴史的側面、音楽的側面、美術的側面といったさまざまな側面から興味を持ってもらえると嬉しい。コロナ禍という大変な時代ですがきっと笑える日が来るので明るく頑張りましょう。」というメッセージののち、水島氏がポップにアレンジした『月の舟』(『万葉集』より)が披露され、参加者から盛大な拍手が送られた。

水島 結子 氏 プロフィール

早稲田大学在学中、薩摩琵琶鶴田流を田中之雄に師事。

演奏のみならず、日本で初めて『琵琶新聞』の研究を始める。

在学中〈アジアの芸能〉を更に研究するため、韓国・ソウル大学国楽科(伝統芸能科)に学部生としては日本人初の交換留学。

帰国後、科学研究費助成事業基盤研究 C にて「近代琵琶楽の成立と展開」を論文発表。

2017 年『東久邇宮文化褒賞』受賞。現在は鶴田流古典曲の研鑽を志し、 田中之雄許可のもと門下を移籍し、友吉鶴心に師事。

演奏活動を中心に若者手琵琶奏者育成、近代琵琶の研究・論文発表、大学講義と多岐にわたり琵琶音楽の発展に勤めている。

学習院大学非常勤講師。2020 年度 NHK 大 河ドラマ『麒麟がくる』にも出演。

世界唯一の薩摩琵琶ライバーとして、ライブ配信で活躍中。