大東文化大学 大学院/アジアから成果へ―多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 大学院

メニュー

大学院 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教育研究上の目的および基本方針(3つのポリシー)

経済学研究科 博士課程前期課程

教育研究上の目的

経済学研究科経済学専攻博士課程前期課程は、経済理論及び経済諸現象を理解するための高度な教育研究を行い、広く豊かな学識と高い研究能力、思考力、表現力などを有し、専攻分野における教育研究活動その他の高度な専門性を必要とする業務を遂行できる人材の養成を目的とします。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

経済学研究科経済学専攻博士課程前期課程は、所定の単位を修得し、提出した修士論文が学位論文審査基準に則って審査され、合格と判定された者については、以下のような能力を備えていると判断し、修士(経済学)の学位を授与します。ただし、公共政策学専修コースの学生については、所定の単位を修得し、提出した修士論文が学位審査論文審査基準に則って審査され、合格と判定された場合に、修士(経済学)または修士(公共政策学)のいずれかの学位を授与し、提出された調査研究報告書(リサーチペーパー)が学位論文審査基準の調査研究報告書(リサーチペーパー)審査・評価基準に則って審査され、合格と判定された場合に、修士(公共政策学)の学位を授与します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

経済学研究科経済学専攻博士課程前期課程は、これまで経済理論、経済史、経済政策などの各分野体系における研究者養成に重きを置いてきましたが、現在では、研究者の養成だけではなく、高度専門職業人の養成という社会のニーズに応え、21世紀社会を担う人材の育成にも力を注いでいます。そこで、カリキュラムでは、経済社会のグローバル化に対応し、日本経済のみならず国際経済の諸問題に対する研究者を養成すること、国際的なビジネス、経済協力、経済開発などの業務に従事する高度専門職業人を養成すること、地方自治体をはじめとする行政や公的機関において、グローバルな視野に立ってガバナンスや公的意思決定ができる高度専門職業人を養成することを考慮して、以下のようなカリキュラム・ポリシーを設定しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

経済学研究科経済学専攻博士課程前期課程は、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーに基づき、以下のような学力および意欲を有する人を求める。

経済学研究科 博士課程後期課程

教育研究上の目的

経済学研究科経済学専攻博士課程後期課程は、博士課程前期課程における教育研究をさらに発展させ、経済学専攻分野において研究者として自立するために必要な広く豊かな学識と高度な研究能力または専門業務に必要な高度な専門能力をもち、社会の発展と人類の福祉に貢献できる人材の養成を目的とします。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

経済学研究科経済学専攻博士課程後期課程は、所定の単位を修得し、提出した博士論文が学位論文審査基準に則って審査され、合格と判定された者については、以下のような能力を備えていると判断し、博士(経済学)の学位を授与します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

経済学研究科経済学専攻博士課程後期課程は、経済学専攻分野において研究者として自立するために必要な広く豊かな学識と高度な研究能力または専門業務に必要な高度な専門能力を備えた高度専門職業人・社会人を育成するため、以下のようなカリキュラム・ポリシーを設定しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

経済学研究科経済学専攻博士課程後期課程は、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーに基づき、以下のような学力および意欲を有する人を求めます。

  • DB PORTAL
  • 証明書発行について
  • 情報公開
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • DB PORTAL
  • 証明書発行について
  • 情報公開
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ