Department

テコンドーの国際大会で、卒業生の鈴木セルヒオさんが銅メダル、竹内一さんがベスト8に。

  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア
  • Twitterでシェア

 3月9日から10日にかけて、オランダのアイントホーフェンにおいて「オランダ国際オープンテコンドー選手権大会(G1)」が開催されました。

 鈴木セルヒオさん(2016年度国際関係卒)が、男子58kg級に出場、銅メダルを獲得しました。1回戦から準々決勝まで大差で順調に勝ち進みましたが、準決勝で、アゼルバイジャンの選手に15対15からのGDP(引き分けによる延長戦サドンデス)で惜敗を喫しました。

 男子54kgに出場した竹内一さん(2017年国際関係学科卒)は、ベスト8。1回戦はフランス選手に、PTG(20点差によるポイントギャップ)で圧勝。2回戦もベラルーシの選手をダブルスコア( 22-11)で下しましたが、準々決勝でオランダ選手に2ポイントという僅差で敗れ、準決勝進出は叶いませんでした。

 

 女子49kg では、山田美諭さん(2015年度英米文卒)が金メダル獲得しました。

 

 10日には、ベルギーに移動し、ベルギー国際オープン(G2)に出場します。大東勢の健闘を祈りたいと思います。