大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

ニュース お知らせ

2019年05月11日

東京ドームで髙木茂行(号・聖雨)文学部書道学科教授が「令和」を揮毫しました

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

令和元年5月1日、東京ドームで開催された巨人×中日戦の試合開始前に、改元を記念するセレモニーが行われ、本学文学部書道学科の髙木茂行(号:聖雨)教授が新元号の「令和」を大字で揮毫しました。

縦3.2メートル・横6メートルの用紙に揮毫した髙木教授は「大観衆の前での揮毫は緊張しました。日本にとって『令和』が、歴史や伝統を大切にし、老いも若きも一人ひとりが生き生きと活躍できる、いい時代になることを願っています」とコメントしました。

写真提供:読売巨人軍

このページのTOPへこのページのTOPへ