大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

ニュース お知らせ

2021年02月22日

2021年度の対面授業実施について

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

2021年2月22日


在学生、2021年度入学許可者、保護者の皆さま

大東文化大学
学長 内藤二郎


大東文化大学 2021年度の対面授業実施について


 昨年11月25日付けで本学ホームページ等にてお知らせいたしました通り、大東文化大学の2021年度における授業につきましては、新型コロナウイルス感染症対策に十分な配慮を行った上で、原則として対面授業とすることといたします。対面授業実施に際しては、各教室内で十分な社会的距離を取り得る受講者数を想定し、受講者数が多い場合など教室内での感染予防がとりにくい授業は遠隔授業とするなどの配慮を継続いたします。授業の実施方法は、(1)対面式(抽選あり・なし)、(2)ハイブリッド式(対面と遠隔のコンビネーション)、(3)遠隔方式(同時双方向性、またはオンデマンド)となります。ご自身が登録する科目が(1)~(3)のどれに当たるのかを「シラバス(講義要項)」(※3月より本学ホームページに掲載予定)で確認の上、3月末に実施予定の履修登録(新入生は4月8日~12日に実施予定)を行ってください。同時双方向性、またはオンデマンドでの授業を自宅ないし大学構内で受講する際には、PCと通信環境が必須となります。ご自身が所属する学部学科の方針にもとづき、各自ご準備ください。大学構内には無料でWi-Fiに接続できる環境がありますが、授業の集中度合いによっては接続しづらい状況が発生することが予想されます。引き続き利用しやすい環境を整えるべく努めてまいりますが、あらかじめご了承下さい。

 

 新型コロナウイルス感染症収束が見通せない状況のなかではありますが、大学としましては新年度の授業を混乱なくスタートさせるために最大限の努力をしているところです。また対面授業における感染防止対策は言うまでもありませんが、大学の行き帰り、キャンパス内外での会食、部活動・サークル活動など課外活動での感染症対策には学生の皆さん自身の強い自覚と注意が必要不可欠です。せっかく対面授業を実施できても授業以外の場面で集団感染などが起こりますと大学としても入構禁止などの措置を取らざるを得ず、皆さんの学修にマイナスとなります。また大学も社会的責任を十分にはたすことができなくなります。学生、保護者の皆さまにはお手数・ご負担をおかけいたしますが、その点を十分ご理解いただき、ご協力方何とぞよろしくお願いいたします。

ご留意いただきたい事項
  • 大学からのお知らせは原則DBポータル(大学ホームページ内の学生専用サイト)でおこないます。必ずDBポータルからの情報を受信できるようにしてください。また、各教員からのお知らせはmanaba(オンラインの授業支援システム)でもおこないます。manabaも随時チェックしてください。(新入生のDBポータルやmanabaの利用方法・設定につきましては、ガイダンス時にご案内します。)

 

  • 基礎疾患がある等の理由で対面授業への参加が難しい場合には、修学上の配慮をおこなう場合があります。各キャンパスの保健室にご相談下さい。

 

  • 対面式授業(抽選あり)の場合、抽選により履修ができなくなることがありますので、対面式授業(抽選あり)の教科書は、履修が確定するまでは購入しないでください(書店でも返本に応じられません)。

以 上

このページのTOPへこのページのTOPへ