大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

ニュース お知らせ

2019年04月04日

新元号「令和」を本学卒業生の茂住修身さんが揮毫

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア
出典:首相官邸ホームページより転載出典:首相官邸ホームページより転載

4月1日に新元号「令和」が菅官房長官から発表され、この時披露された墨書は本学卒業生の茂住修身さんが揮毫した。
「平成」の文字を揮毫した河東純一さん(文学部中国文学科卒業)に続き、「令和」も本学卒業生が揮毫したことになる。
今回揮毫した茂住さんは、本学経済学部経済学科を卒業後、総理府(現内閣府)大臣官房人事課に勤務し、辞令専門職・辞令専門官として奉職。
内閣総理大臣、国務大臣、特命全権大使、裁判官などの認証官の官記辞令、「復興庁」、「国家戦略室」や「一億総活躍推進室」などの看板のほか、国民栄誉賞の賞状なども揮毫している。
  書家として活動する際は雅号(名前)を菁邨(せいそん)として、ボランティアで書道指導するなど書道の普及活動も行っている。また、大東文化大学書道卒業生の会(本学で書道を学んだ卒業生有志の会)の幹事長も務めている。

「令和」を揮毫した茂住さん 「令和」を揮毫した茂住さん
このページのTOPへこのページのTOPへ