大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

健康科学科

健康を科学する
医療・食と運動・自然科学のスペシャリストへ。

学科の特徴

健康科学科では、1年次で基礎科目を学んだ後、2年次以降それぞれの学生さんたちが持つ興味や特性をもとに、希望する専門分野を深く学べる3コース制をとっています。

3コースの特徴

臨床検査コース

医療の一端を担う臨床検査に関する学問領域や基礎医学領域を履修し、卒業することで「臨床検査技師」の国家試験受験資格を得ることができます。医療に特化した専門的な講義の他、多くの学内実習や実際の医療現場で実施する臨地実習などがあり、日本の医療を支え現場で活躍できる実力を持った医療人を育てます。

健康マネージメントコース

スポーツ生理学や栄養学など、運動や食の健康との関わりを専門的に学ぶ授業で構成されています。また健康増進施設や食品企業、官公庁などの学外実習もあり、特定の科目を履修することで、「食品衛生監視員」、「食品衛生管理者」、「健康運動実践指導者」などの資格を取得することができ、人々の健康づくりに貢献できる専門家を育てます。

理科コース

自然科学系の指定授業と教職関連科目を履修することで、「中学校・高等学校の理科教員免許状」を取得することができます。また科学全般の専門知識を習得する授業が多数あるため、企業での開発や製造といった理系色の強い職業にも携われます。自然科学の知識が豊富で、教育現場でも一般企業でも活躍でき人材を育てます。

充実したサポート体制

健康科学科では様々な取り組みを行いながら、学生の皆さんの過ごす大学4年間が有意義で実り多いものになるよう、教職員一同できめ細かいサポート体制を整えています。

  • POINT1

    質の高い授業と実習内容

    「健康科学」の基礎から専門性の高い授業まで充実したカリキュラムを用意しています。多くの実験・実習を通じて、体験的に高度な技術と知識を積み上げていきます。

  • POINT2

    希望進路別の履修モデル

    1年次に将来の自分をイメージしたキャリアデザインを行います。2年次から、個々の特性と希望進路を基に、専門性に特化した3つのコースのいずれかを選択します。

  • POINT3

    社会に貢献する専門資格

    医療・食と運動・教育などの現場で活躍することができる実力を養い、専門資格の取得を目指します。そして各分野のエキスパートとして社会に貢献できる人材を育てます。

資格取得に応じた履修モデル

臨床検査技師/国家試験受験資格取得モデル

臨床検査技師は、病院などの医療関連施設で生体の一部や血液・排出物を検査する「検体検査」と、心電図や超音波検査などの「生理学的検査」を担当します。必要な科目の単位を修め、卒業することが、国家試験受験資格を取得する条件です。

食品衛生管理者・食品衛生監視員/資格取得モデル

食品衛生管理者は食肉製品製造業などの工程を衛生的に管理する資格者。食品衛生監視員は、検疫所や保健所に所属し、食品製造業者や飲食店の衛生監視、指導・教育を行う技術系公務員。どちらも必要な科目の単位を修得することで、任用資格を得ることができます。

第二種作業環境測定士/資格取得モデル

作業環境測定士の主な仕事は、労働作業者の職場環境に存在する有害物質の調査です。臨床検査技師免許の取得と認定科目を修得することで試験が免除になります。卒業後、作業環境測定士講習を受講し、修了試験に合格すれば資格を取得できます。

学ぶ領域

健康科学

基礎医学
臨床医学
生命倫理
ライフサイエンス
栄養学
スポーツ生理学
生化学・有機化学
自然科学

各コース実習先

臨床検査コース

健康マネージメントコース

理科コース

国際学会

国際学会
アジア各国を始めカナダ、英国からも参加。将来への夢をふくらませる貴重な学会を経験。

2008年8月21日・22日に本学の大東文化会館で「第9回アジア臨床検査標準化ネットワーク(ANCLS)学術総会」が開催されました。アジア各国をはじめ、カナダ、英国からも医師、臨床検査技師、研究者、企業の研究開発者らが多数集い、臨床検査の質の向上をめざした各国での取り組みやこの分野における国際的動向について講演し、熱心な議論が展開されました。健康科学科の近藤弘教授が大会長を務められたので、希望する学生は学会に参加することができ、国際学会の雰囲気を肌で感じ、将来への夢をふくらませるよい機会になりました。

ゼミ生が中心になり学会運営にも学生が携わりました。学会初日の懇親会では、学生が片言の英語で外国の先生方にそれぞれの国の様子を伺えたことに感動しました。授業では学ぶことができないとても印象に残る体験をした2日間でした。

臨地実習

臨地実習
臨地実習を終えて~学会認定資格取得に至るまで~

 私たち第一期生は3年次の春季休業の1~3月に臨地実習に行きました。先輩のいない私たちは臨床現場のことをほとんどわからないまま実習へと臨みました。そこでは患者さんに対してミスのできない緊迫感と責任感を持ち、高い技術と知識を生かして現場に向き合っている臨床検査技師が私たちを指導してくれました。彼らこそ、私たちがめざすべき姿だと思いました。

またほかのメディカルスタッフの仕事を見ることで、医療職への理想と期待が高まりました。実習先の東京大学医学部附属病院は特に白血病の遺伝子検査に長けており、シークエンサーによる遺伝子解析やPCRによる疾患遺伝子の同定に強く興味をひかれました。実習を終えた4年次には認定資格の「遺伝子分析科学認定士」という資格に挑戦して、知識を深めていきました。試験にも合格し、4月からは私立大学病院に勤めています。

  • スポーツ科学科卒業生コミュニティサイト
  • 健康科学科卒業生コミュニティサイト
  • 大学院スポーツ・健康科学研究科
  • スポーツ科学科公認twitter
  • 健康科学科公認twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • スポーツ科学科卒業生コミュニティサイト
  • 健康科学科卒業生コミュニティサイト
  • 大学院スポーツ・健康科学研究科
  • スポーツ科学科公認twitter
  • 健康科学科公認twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ