大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

スポーツ科学科

カリキュラム

授業・ゼミ紹介

アスレチックコンディショニング論

アスレチックコンディショニング論

スポーツに関連した障害や予防のための基礎的な知識を学びます。近年、スポーツ医学の分野では障害を予防することが重要なテーマとなっています。解剖学、生理学、運動学などの知識を基盤とし、主にスポーツで発生する障害についての理解を深め、障害を防ぐ方法についても考えていきます。また、理論だけでなく、実技の要素も多く取り入れながら授業を展開していきます。

スポーツバイオメカニクス円演習

スポーツバイオメカニクス円演習

スポーツ動作に関する科学である「スポーツバイオメカニクス」について、体験的に学習します。モーションキャプチャシステムやハイスピードカメラ、スピードガンなどの機材を活用し、自分自身や仲間を対象に、さまざまな測定実習を行います。また、得られたデータを分析した上で、結果を考察し、成果をプレゼンテーションすることを通じて、「スポーツ科学実践力」を養います。

陸上競技(基礎・発展)

陸上競技(基礎・発展)

陸上競技の走・跳・投種目を実践し、基礎体力の向上や陸上競技の基礎知識・技術を獲得するとともに主体性や協調性などを育みます。基礎では、走・跳・投動作の理論的な理解や技術を習得するためのトレーニング方法を実践。発展では、基礎で習得した動作をもとに、陸上競技の走・跳・投種目の理論的な理解や技術の習得を目指し、トレーニング方法の実践やルールなどを学習します。

生涯スポーツ論

10代の運動・スポーツ実施頻度

人の一生涯は、乳児・幼児、青少年、壮年、中高年期などに分類でき、各々のスポーツライフの現状や課題を、する(スポーツ参加)・みる(スポーツ観戦)・ささえる(スポーツボランティア)の視点で学習します。障がい者や女性、地域や世界のスポーツにも目を向け、生涯スポーツの必要性・重要性を再確認し、スポーツライフを豊かにするための知識を学びます。

2018年度ゼミ一覧

  • スポーツトレーニングに関する科学的探求
  • 動作スキル・上達の科学
  • スポーツ心理学に関連した諸事象の検討
  • 健康を科学する
  • ゲームパフォーマンスを科学する
  • 大学体育に関する考察
  • 保健体育科教育に関する実践的研究
  • 持久系運動の研究
  • 武道に関する研究
  • スピード系トレーニングの研究
  • 自然体験活動、環境教育
  • スポーツバイオメカニクス
  • アートパフォーマンス
  • 各種球技種目の技術・戦術・コーチング
  • スポーツ生理学、測定法
  • 器械運動のコーチング
  • スポーツに関する社会科学的研究
  • 人間の生涯発達に関する心理学的研究
  • QOLの向上実現のための健康生理学的探求
  • スポーツ史・文化論
  • スポーツ科学科卒業生コミュニティサイト
  • 健康科学科卒業生コミュニティサイト
  • 大学院スポーツ・健康科学研究科
  • スポーツ科学科公認twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • スポーツ科学科卒業生コミュニティサイト
  • 健康科学科卒業生コミュニティサイト
  • 大学院スポーツ・健康科学研究科
  • スポーツ科学科公認twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ