大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

海外留学生レポート/中国語圏

2018年05月02日

【中国】上海師範大学

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

大東文化大学外国語学部中国語学科3年の李です。
自分は3月から中国・上海にある上海師範大学で留学をさせていただいてます。
自分は元々中国人なんですが、子どもの頃からずっと日本で暮らしておりまして、母国である中国よりも日本での暮らしの方が長いため、今回の留学は自分にとってより中国を知るそして学ぶことをメインに自分の生まれ故郷である上海に一年間行かせていただいてます。
自分は他の留学生と違い、中国語はできるので、言語生ではなく留学本科生としてビジネス中国語を勉強しています。

 

<大学紹介>

上海師範大学は略して「上師大」と先生や学生の間で呼ばれております。
大学は大きな道(桂林路)を挟んで、西地区と東地区に分かれてます。西地区は主に食堂、寮、校庭、本科生教室となっております。東地区は留学生教室、音楽生教室やそのほかいろいろあります。正直に言いますとめちゃめちゃ広いです。多分皆さんが想像以上に広いと思います。自分が泊まる宿舎から授業受ける教室まで歩いて10分から15分くらいかかります。ましてや西地区の教室まで行くのに信号を渡らなければいけません。しかもその信号結構長いです。朝は出来るだけ授業始まる45分前に起きることをお勧めします。(自分の場合は30分です)......

 

「クラス、授業」

これが私のクラスメイトです。韓国、ロシア、フランス、トルコ、ジンバブエと世界各国から来ているいろんな学生がいます。みんな中国語ができ、みんなで楽しく勉強しています!!
授業は週5日で1限は日本より1時間早い8時スタートとなります。その代わり終わるのが午後2時半で少しはやいです。
そしてお昼の休み時間は1時間45分と長めです。45分かけてお昼食べても、1時間の休み時間もあるので、疲れていたらお昼寝する時間もあります。

 

<宿舎>
大学の宿舎は三つ分かれてまして、「学思園」、「外賓楼」、「国際交流センター」となります。自分は1番目の学思園に泊まっているんですが、これ読んでる君だけに話しますけど宿舎を選ぶなら2番目の外賓楼を圧倒的にお勧めします。なぜなら、外賓楼から留学生の教室までなんと5分しかかかりません!!(信号が青の場合)...... そして一番綺麗で一番新しい。しかも留学生に欠かせない大事な二つの場所である留学生センターや留学生担当の先生達が働いてる「ICCS」の管理棟もそこから一番近いです。しかし外賓楼は2人部屋しかありません。自分は2人で韓国人のルームメイトと一緒に暮らしています。最初は1人部屋の方がいいと思いましたが、せっかく留学に来たんだし、たくさん外国の友達を作りたいと考え最後は2人部屋を選びました。1人部屋にすると休みの時はずっと部屋にいてしまうことが多く、中国語で交流する時間も減り、しかも困り事があると助けてくれる人もいません。しかし1人の自由時間がとても大事だと考えている人は、1人部屋の方がお勧めします。


<食べ物>
そしてここまでくると大学でも食生活について気になる人もいると思います!!
はい!そこで!大学のご飯を見てもらいます!!
「中華ランチセット」

約200円
大学の食事は基本自分で好きなおかずをとり、ご飯とスープが無料で付いてきます。ご飯はおかわりも無料です。
「韓国料理」

スンドゥブ定食 約350円
大学の中に韓国料理屋があります。お昼時はものすごく混みますが、味も本番に近く結構美味しいです。

「イタリアン」

トマトハムサンドイッチ 約350円
イタリアンは中国人よりの味をしています、がボリュームは多く、料理が出てくるスピードがすごく早いので、急いでる人にはここがお勧めです。
「外食」

ここら辺は値段が覚えていませんが、全体的に中国は物価が安く、食べ物の値段はとても安いです。週末は外食することが多く、学校の周りにも食事することが多いのでずっと宿舎の部屋にいるより、自分の足で歩いて、美味しいものを見つけに行くことも大事だと思います。

 

<お出かけ>
上海は中国で最も発展している都市で、世界各国の人々が暮らしています。だから上海には外国人のためにいろんな観光地や楽しく遊べるところがあります。

「外滩」

上海の買い物の聖地です。ここには古くから上海にあるデパートやレストラン、そして上海最新のデパートもあるので、買い物にとてもお勧めです。

「朱家角」

ここは上海の古い商店街みたいなところです。上海の市街地で味わえたい、賑やかさや楽しさを感じることができると思います。


<まとめ>
皆さんは留学緊張するなー、友達できるかなー、言葉のやりとりできないなー、そのほかいろんな心配事があると思いますが、それは誰も一緒です。最初の1ヶ月は生活、食事やそれ以外の事に慣れないと感じます。しかしそれを乗り越えるとものすごく楽しい留学生活や友達交流をすることができます。保証します。この1年留学が自分の一緒の思い出になるように楽しく勉強できると思います。

このページのTOPへこのページのTOPへ