大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

海外留学生レポート/英語圏

2020年03月06日

【オーストラリア】グリフィス大学

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

こんにちは。私は法学部法律学科3年生です。今回で3回目の最後のレポートになります。ラストということで約1年間ゴールドコーストで過ごした感想とまとめを書いていこうと思います。

 

 

私はグリフィスの語学学校のGELIにずっと通っていました。そのなかで感じたことはDEP6はDEP5より更にwritingやreadingに特化しているなと感じました。内容も大学進学者のために、よりアカデミックで単語も難しくなります。そのため、私が初めにDEP5からDEP6に上がった時は、前回の5の内容よりも難しくなったと感じ少し苦労はしましたが、何回もDEP6を繰り返すことで大分ましになったかと思います。そして、時々開講されるETPの講座にも参加しました。ETPのクラスはIELTSのテストに向けた勉強をするクラスで、授業の内容も本当のIELTSのようなスピーキングやリスニングの練習もします。私が参加したクラスは自分以外はサウジアラビア人とベトナム人の生徒しかおらず、彼らはスピーキングが得意なのでスピーキングとリスニングが特に弱い私にはとても良いクラスでした。

 

 

週末の過ごし方としては前回も書いた通り、カフェに行くことが多いのですが、最近は夏なので暑いため大学の図書館で過ごすことが多いです。日本では珍しい24時間開いているスペースもあるため夜涼しくなるまで図書館で過ごしてから帰ることもあります。

 

 

留学中でしかなかなかできないかなということでゴールドコーストだけでなく他の都市にも旅行したのですが、そこで感じたことで、まず、シドニーやメルボルンはゴールドコーストよりももっと都会な感じで時間の流れが速く感じるなと思いました。一方、ケアンズは時間の流れが遅く感じ、ゴールドコーストよりも温暖なためアボリジニの方々がたくさん住んでいるとバスの運転手の方がおっしゃってました。

 

 

残り僅かとなり、月日の流れが大変速く感じますが、残りの留学生活を後悔しないためにもっと英語を使い、ここでの生活を楽しみたいと思います。

美味しかったカフェの料理1 美味しかったカフェの料理1
美味しかったカフェの料理2 美味しかったカフェの料理2
美味しかったカフェの料理3 美味しかったカフェの料理3
このページのTOPへこのページのTOPへ