International

レポート英語圏

【カナダ】ブリティッシュコロンビア大学

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

 現在カナダ・バンクーバーのブリティッシュコロンビア大学(以下、U B C)に学部の奨学金留学制度を利用して留学をしている、国際関係学部国際文化学科3年の今未依那です。今回のレポートでは、私の留学生活について紹介していこうと思います。

 

・学校生活について
まずは授業について簡単に説明していきます。月曜日〜木曜日は10:15~16:45まで、金曜日は自分で選択をして授業に参加します。前者の曜日では、105分の授業を3コマ行います。前半の2コマは、Integrated Skillsと言って、スピーキング・発音・リスニング・リーディング・ライティングなど総合的な英語のスキルを学びスキルアップしていくための授業です。後半の1コマは、Projectsと言って、主にプレゼンテーションを行ったり、学校を出て、市内の調査や街頭インタビューを行ったりなど座学ではない授業になります。そして、後者の金曜日では、主にアクティビティが開かれています。ヨガや映画、フリスビーの週もあれば、体を使ったゲームやネイティブとテーマに沿って会話をするといったものも開かれています。授業というよりは、クラブ活動といった方が想像しやすいかと思います。また、U B Cの語学学校には、C Aと言ってU B Cのネイティブの卒業生や在学生がボランティアで駐在しています。上記で紹介したアクティビティの計画や、授業で先生のアシスタントとして私たちをフォローアップしてくれます。
放課後は、バスケやフリスビーをして現地の大学生と交流したり、クラスメイトと楽しく過ごしたりしています。学内にバスケットコートが何個もあり、無料で使えるので、いつでもバスケをすることができます。私はバスケをするのが大好きなので、バスケをすることでリフレッシュでき、また、現地の人ともコミュニケーションが取れるので、有意義な時間になっています。

 

・生活について
私は、ホームステイをしながら生活しています。私のホームステイ先では、ホストマザー・ファザーと他の日本人留学生と4人で生活しています。基本的に、朝はシリアルと果物、お昼はサンドウィッチ、夜はホストマザーがさまざまな料理を作ってくれています。シャワータイムやquiet time、洗濯は週に一回といったさまざまな制限がありますが、お二人とも非常に優しく、気遣ってくださるので、不自由なく過ごすことができています。U B Cの学生は、学校が直接契約をしているホームステイ先に振り分けられます。U B Cに留学を考えている方は、ホームステイについて心配する必要はないと思います。これは、U B Cの利点の一つではないでしょうか。また、通学にはバスを使っています。基本的に、バスは本数が多いので全く不便ではありません。バンクーバーでは、コンパスカードというバスに乗るためのカードを使ってバスを利用します。定期を買うと、かなり安く利用することができるので、コンパスカードはマストで持つことをお勧めします。

 

・休日について
休日は、買い物をしたりレストランに行ったり、海に行くなどよく出かけています。バンクーバーは、多種多様なバックグラウンドを持った人たちが暮らしているので、様々な国の料理を食べることができます。最近では、台湾の料理を初めて食べることができました。

 

・最後に
この留学は、私にとって初めての海外渡航なので、出発前や到着後1週間ほどは毎日不安や戸惑いの連続でしたが、ホストファミリーやクラスメイトなどが沢山助けてくれて、今では楽しく過ごすことができています。正直、まだ語学力が十分ではありませんが、日々、異文化を感じたくさんのことを吸収しながら学習に取り組んでいます。
このレポートが皆さんの参考になることができれば幸いです。