International

レポート英語圏

【オーストラリア】グリフィス大学

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
 こんにちは。オーストラリアのグリフィス大学に今年の5月から協定校留学の制度を利用して留学している、国際関係学部・国際関係学科3年髙橋です。今回が初めてのレポートです。本レポートでは、語学学校の授業についてや、ゴールドコーストでの生活について紹介していこうと思います。
 
 
① 授業について
 私は現在グリフィス大学のGERIという語学学校に通っています。授業は月〜金の10時30分から3時15分まで行われます。クラスは1〜7まであり、最初にインターネットで受けるテストによりクラス分けされます。私は現在Dep4のクラスで学んでいます。授業は全て英語で行われており、最初は説明を理解したり、英語で質問したりするのにすごく苦労しました。内容としては、英文法を学んだり、短いレポートを書いたり、その他リーディングやショートスピーチなどを行います。先生方もとてもフレンドリーで優しく、授業はとても楽しいです。学生との距離も近いため、気兼ねなく質問できます。
 また、5週ごとにテストが行われ次のレベルに上がれるかそのテストで決まります。テストが行われる週では、映画を見たり、どこかに出かけたりなどるリフレッシュできるイベントなども行われます。先月はドリームワールドという遊園地に行ってきました。
 
 
② 生活について
 私は現在ホームステイをしています。全て英語でコミュニケーションを取らなければならないので、慣れるまでは本当に何をして良いか分からず辛かったのを覚えています。今でも自分の思っていることを英語で伝えることができず悔しい思いをすることがありますが、英語をもっと学びたいという気持ちにもなるため私にとって良い環境でもあります。ホームステイ先には2歳と0歳の女の子がおり、彼女らもまた英語を学んでいるので、私も一緒に勉強しています。
 朝と夜ご飯はファミリーが作ってくれ、お昼はサンドイッチなどを自分で作り学校に持っていっています。私のホームステイ先は料理好きなこともあり、夜ご飯が毎日の楽しみのひとつにもなっています。
 また、日本にいた時と比べると生活習慣も改善しました。オーストラリアの人々は早寝早起きの人が多く、私のホストファミリーもまた寝るのがとても早いです。以前は土日は遅くまで寝ていることが当たり前でしたが、オーストラリアに来てからは、土日も早く起きてどこかに出かけたり、課題をしたりと日本にいた時には想像できなかった生活を送っています。
 
 
③ 休日について
 上に述べた通り、日本ではダラダラした生活を送っていた超がつくほどのインドアな私でしたが、友達やホストファミリーの影響もありだんだんとアウトドアに変わってきています。ここでは、休日に訪れた場所について紹介していこうと思います。
 7月上旬にブリスベンでラグビーの試合を見てきました。オーストラリアにはいくつかラグビーの種類があり、私はラグビーユニオンという日本でもメジャーなラグビーを見ました。対戦相手はイングランドで、とても白熱した試合でした。オーストラリアでは、試合中に知らない人同士でも会話しあったり、またブーイングが頻繁にあったりと日本とまた違った観戦スタイルでとても面白かったです。
 サンライズもとても綺麗でした。見にいった時のサンライズの時刻は6時30分頃で、4時半に起きて行ったのでとても辛かったのですが、疲れが一瞬にして吹っ飛ぶほど、とても綺麗なサンライズでした。
 ゴールドコーストは毎月何かイベントが開催されていて、休日がとてもたのしみになりました。       
    
 
④ その他
その他思ったこととして、コーヒーが比較的美味しいと思います。オーストラリアはカフェが多く、紅茶と同じようにコーヒーを飲む人が多いです。美味しいコーヒー屋さんが多いからか、スターバックスがとても少なく、日本のスタバが恋しいです。
 
 最後に、初めての海外で全てのことが初めてでしたがとても楽しい日々を送っています。ひとつの後悔として留学前にもっと英会話の勉強をしておけばよかったことと、英語の資格(IELTSやTOEFL)の勉強をもっとしておくべきだったと思いました。残りの期間も、英語勉強の他にも何か新しいことにチャレンジしていこうと思います。