大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

日本語学科

日本語学科からのお知らせ

2019年06月21日

日本語学科・学科講演会「琉球列島の言語・文化多様性とその危機」を開催しました

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア
琉球方言の子音の多様性について説明する狩俣先生琉球方言の子音の多様性について説明する狩俣先生

Ethnologueという資料によると沖縄には日本語と異なる11の言語があるとされています。6月21日の学科講演会では琉球大学教授の狩俣繁久先生を講師にお迎えして、沖縄の言語的な多様性についてお話をうかがいました。沖縄の言語は今から1000年以上前に当時の日本語から分岐し、音韻、語彙、文法など様ざまな点で「言語」とみなすことができるほどの独自の体系に発展しました。そのような沖縄の言語的な多様性も時代の流れとともに失われつつあり、言語維持や方言教育・少数言語教育が大きな課題です。

  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ