大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

海外留学生レポート/英語圏

2019年10月15日

【アメリカ】Whatcom Community College

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

こんにちは。私はアメリカワシントン州に位置するWhatcom Community Collegeに留学をしています。約6ヶ月が経過し徐々に帰国が近づいてきました。今回のレポートでは授業スケジュールとアカデミッククラスについてご紹介します。

 

 

現在は、約1ヶ月の夏休みを終え秋の授業期間が9月下旬から始まりました。最近は気温がぐっと下がり、日本の11月、12月並みの寒さで雨が多く、風邪を引きやすい時期になりました。

 

 

4クウォーター制の大学では約3ヶ月ごとに授業スケジュールが変わるため、初めに英語クラスからスタートし、タイトスケジュールだとしても後々自分で好きな授業が組めるようになるためかなり時間に余裕ができます。私は3つの授業を受けていて、毎日のスケジュール的には1日に1コマしか授業がないため、宿題や予習に十分な時間をかけることが出来ます。また、アカデミックの授業は、英語クラスのレベル指定がある授業がほとんどです。なので、自分の受けたい授業や専攻の授業があれば事前にレベルを知っておくと最終目標となる英語クラスのレベルが設定できます。留学する際はただ英語を勉強しに行くのではなく、出国前に留学先の学校についてよく調べて目標設定をするとより充実した勉強が出来ると思います。

 

 

私が今受講しているアカデミッククラスはHospitality & Tourism Business Management(観光学)のTravel, Tourism, Business, and Societyという授業です。週に2回、1時間50分の授業時間で、主にツーリズムが社会や国の産業にもたらす影響やどのように旅行プランが形成されているか、航空系など詳しい業界についても勉強します。また、授業内のプレゼンテーションもあり、自分の故郷で旅行プランを作り紹介するという課題もあります。授業はとても興味深い内容で、受講していてとても役に立つと感じました。将来サービス業に就職したい方にはぜひ受講して欲しい授業です。インストラクターも留学生が多い授業ということを理解しており、とても分かりやすく解説してくれます。分からない事などがあっても授業終わりなどに気軽に質問できるので、留学生にとって受けやすい授業だと感じました。

 

 

これから留学をする方、考えている方の参考になれば嬉しいです。残りの留学期間、悔いのないように過ごしていきたいと思います。

 

このページのTOPへこのページのTOPへ