大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

研究推進 その他研究助成

2019年06月01日

【東京都財務局】大学研究者による事業提案制度

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

【東京都財務局】大学研究者による事業提案制度

東京都より、特定の分野に関して大学研究者からの事業提案を募集する旨の発表がありましたので、下記のとおりご連絡いたします。

応募の意志がある先生は、研究推進室までご相談ください。

 

=================================


東京都は、都内大学研究者から、研究成果・研究課題等を踏まえた事業提案を募集し、
研究者・大学と連携・協働して事業を創出する制度を実施いたします。
詳細について下記にて記載をさせて頂きましたので、多数のご応募をお待ちしております。

 

<大学研究者による事業提案制度について>


【概要】
・東京に集積されている知を、都政の喫緊の課題解決や東京の未来の創出に資する政策立案へと
活用するため、都内大学研究者からの研究成果、研究課題を踏まえた事業提案を募集する。

 

【求める提案】
 ・研究者の皆様が、自らの研究成果等を活かして、東京都と研究者・大学との協働により、
 行政課題の解決を行うために実施する事業をご提案ください。
 連携事業の構築のために必要となる応用研究や実証実験、フィールド調査等が必要な場合は、併せてご提案ください。

 

【対象分野】
●防災力の向上、都市インフラの整備     ●まちの元気創出、安全・安心の確保
●少子・高齢化等を見据えた東京のまちづくり ●医療が充実し健康に暮らせるまちづくり
●環境先進都市・東京の実現         ●東京の経済活動、農林水産業の活性化
●国際観光都市・東京の実現

 

【支援内容】
・東京都は、研究者・大学が行う研究調査、連携調整に要する経費の支援(単年度当たり3千万円を上限)や、
研究調査の実施に当たっての東京都の有する施設等の優先的な提供を行うとともに、研究成果等を活かして、
東京都が研究者・大学と連携して行う連携事業を実施(単年度当たり2億円を上限)します。
・東京都が行政課題の解決のための事業を実施できることを条件とし、最大3年間の支援を想定しています
(原則2年以内で、可能な限り早期に行政課題の解決へと繋げることができる提案を求めます)。

 

【募集期間】
令和元年5月31日(金)から同年9月11日(水)まで(必着)


【その他】
応募方法についての詳細につきましては東京都財務局HPに掲載しておりますので、ご確認下さい。
http://www.zaimu.metro.tokyo.jp/zaisei/teian/2daigaku.html


大学研究者の皆様からいただいたご提案を、令和2年度の施策に反映させてまいりますので、多数のご応募をお待ちしております。

 

 

このページのTOPへこのページのTOPへ