大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

科学研究費補助金 お知らせ

2019年04月24日

令和2年度外国人研究者招へい事業の募集について

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

令和2年度外国人研究者招へい事業の募集について

募集内容

招へいの目的等に応じてプログラムを設定しています。各プログラムのページを確認の上、申請してください。

①外国人特別研究員 (一般) 【P】
博士号取得直後の優秀な諸外国の若手研究者に対し、我が国の大学等研究機関において日本側受入研究者の指導のもとに共同して研究に従事する機会を提供する事業(12 か月以上24 か月以内)

②外国人特別研究員 (欧米短期) 【PE】
博士号取得前後の優秀な欧米諸国の若手研究者に対し、比較的短期間、我が国の大学等研究機関において日本側受入研究者の指導のもとに共同して研究に従事する機会を提供する事業(1 か月以上12 か月以内)

③外国人招へい研究者 (長期) 【L】
中堅から教授級の優秀な諸外国の研究者を比較的長期間招へいし、我が国の研究者と共同研究を行う機会を提供する事業(2 か月以上10 か月以内)

④外国人招へい研究者 (短期) 【S】
中堅から教授級の優秀な諸外国の研究者を短期間招へいし、我が国の研究者との討議・意見交換や講演等を通じて関係分野の研究の発展に寄与することを目的とした事業(14 日以上60 日以内)

 

●公募内容の詳細については、日本学術振興会ホームページをご覧ください。

https://www.jsps.go.jp/j-fellow/j-fellow_14/31_boshuyoko_2020.html

 

学内締切

・6月29日(土)までに、希望者の有無を研究推進室までご連絡ください。

・その後、学部付置研究所等への受け入れの交渉、申請者所属機関の諾否の確認などを経て、研究推進室と申請者で協力のうえ科研費電子申請システムへの審査資料作成を行い日本学術振興会の示す締め切りまでに申請を完了させます。

お問い合わせ

大東文化大学研究推進室

kenkyu@jm.daito.ac.jp

(メールでお問い合わせくださいますようお願いいたします)

このページのTOPへこのページのTOPへ