大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

図書館からのお知らせ

2021年03月19日

【板橋図書館】「本学OB並木秀之氏寄附金による購入図書」展示中

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

この度、本学法学部OBの並木秀之氏より、学生用図書購入のためのご寄附をいただきました。

今年度のテーマは「SDGs」です。SDGsに関連する図書を44冊購入し、2階エントランスにて展示してあります。

 

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された、全人類が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた、持続可能な開発目標のことです。

17の大きな目標があり、展示コーナーでは17の目標を図書と一緒に飾ってあります。

 

皆さんも、SDGsについて考え、できることから始めてみませんか。

展示中の資料は全て貸出可能です。是非手にとってみてください。

ー並木秀之(なみきひでゆき)氏ー

1953(昭和28)年埼玉県生まれ。大東文化大学法学部卒業。投資ファンド最高顧問。

脊髄に障害があり、35歳からがんを5度発症。大学卒業後、会計事務所勤務を経て

会社設立、その後シティバンク勤務。これまで100社以上の破綻処理に携わる。

2014年9月、初の著書となる『死ぬな 生きていればなんとかなる』を刊行。

その著書を本学教員が英訳した『DON'T DIE!』が、2020年に刊行された。

このページのTOPへこのページのTOPへ