Education & Research

地域連携ボランティア

川島町第6次総合振興計画行政系エリアについての政策研究に、本学の学生が参加しました。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

埼玉県川島町による「第6次川島町総合振興計画『行政系地域』の活用に向けた政策研究」の成果報告会が、12月23日に川島町町民会館ホールにおいて行われました。会場には、川島町長、副町長、教育長をはじめ、川島町関係者等が参加・観覧するなか、グループ毎の発表が行われた。
川島町第6次総合振興計画での「行政系地域」は、2035年開校を目標とした小中一貫校設立、平成の森公園のリニューアル整備など、まちづくりの中心となるエリアとして位置付けていくことが想定されています。この地域の活用案について、本学の学生を含むTJUP会員校の学生、町職員、かわじま☆未来塾、公募町民による研究を行ってきました。その成果として、先進事例の調査や防災等さまざまな観点から検討された研究報告が行われました。

 

◆スケジュール

  • 9月10日(金)キックオフミーティング(オンライン実施)
  • 11月29日(月)中間報告会(ハイフレックス実施)
  • 12月23日(木)成果報告会(対面実施)
  • ※9月10日(金)~12月23日(木)の間、上記の他にグループ毎の検討が適宜行われました。