大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

英米文学科

カリキュラム

授業・ゼミ紹介

英米児童文学を味わう

「ビアトリクスが愛した美しい湖水地方」

イギリスの絵本作家ビアトリクス・ポターの『ピーターラビット™のおはなし』をはじめ、「ピーターラビット™」シリーズ24作品を原書で読み進め、さらに、「大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館:ピーターラビットの絵本の世界」で学習します。ビアトリクスは、さまざまな足跡を残した女性。自然を後世に残す努力を惜しまなかった環境保護実践家でもありました。

ウェールズの文化と言葉

「ウェールズからのお客さま」

イギリスを構成する4つの国のひとつ、ウェールズ。隣国イングランドと関わりつつ独自に歴史を歩み、固有の文化と言葉を育んできました。ウェールズには独自の自然、伝説、歴史と人物、食文化、産業、文学、スポーツがあり、そしてウェールズ語という言葉が今でも生き生きと話されています。イギリスという国をより深く理解するために、ウェールズの文化と言葉を学びましょう。

フレッシュマン・セミナー

フレッシュマン・セミナー

複数の専任教員が担当する1年次の授業。意見の発表の場で、複数の観点から物事を思考する姿勢を培います。「大学は何をするところか」「人文学とは」「レポートの作成法」なども取り扱います。4月のイースター、9月のビアトリクス・ポター資料館訪問、10月のハロウィンなど、さまざまなイベントの体験を通じて英米文化の知識を広め、それと同時にクラスの親睦を図ります。

写本と活字の出版文化

「アンドレ・ケルテス『読む時間』より」

「書物」を歴史的に追うと、大きな変容を見ることができます。ヨーロッパ中世期には手書きによる写本文化が隆盛を極めました。15世紀にはグーテンベルクによる活版印刷術の発明で活字による本が登場。さらにデジタル文化の発展により諸機能を持つデジタル書籍が流布します。このような「書物史」を追うことで、これらの技法・技術が欧米社会にもたらした影響について考えます。

2018年度ゼミ一覧

英米文学の作家・作品研究
  • 19~20世紀の英米小説
  • ピーターラビット™と児童文学
  • 『不思議の国のアリス』研究
英語学・言語論
  • 英語の語彙
  • 母語の獲得
  • 英語の音声
  • 英文法研究―生成文法の考え方を用いて英語の構文を見る
  • 言語学入門
心理学・社会学・文化的考察
  • 20世紀の変身物語にみるジェンダーの問題
  • インターネットを使った文学研究の可能性―英国文学を中心に
  • アメリカの文化
  • 映像による考察
  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
  • ウェブシラバス
  • 大東文化大学日本文学科ツイッター
  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
  • ウェブシラバス
  • 大東文化大学日本文学科ツイッター
このページのTOPへこのページのTOPへ