■ 英米文学科と英語学科の違いはどうのようなものなのですか?
イギリス、アメリカの作家の手による小説、詩、戯曲といった文学作品を読みこなし、西洋文化に対する理解を広げ、
文学の裏側に隠された人間理解にも努めるのが英米文学科です。対して国際公用語として定着した英語の、
高度な運用能力の育成を目的とするのが英語学科です。
 
■ 翻訳家になりたいのですが?
英米文学科には「翻訳論」という講義が設置されています。
 
■ 英米文学科に推薦入試で入りたいのですが、どのような種類の入試があるのでしょうか?
公募制推薦入試、指定校推薦入試、自己推薦入試があります。
*公募制推薦入試:「面接」「小論文」:面接は簡単な英語を含めた面接を実施します。
小論文は日本語(600から800字以内)、あるいは英語(300語前後)のどちらかを選択して、与えられた文章を読んで、
それに対して自分の意見を書いてもらいます。
*指定校推薦入試:「面接」:面接は簡単な英語を含めた面接を実施します。
*自己推薦入試:「自己推薦書」「面接」:自己推薦書は(2000字以内)は出願時に提出。
面接は簡単な英語を含めた面接を実施します。
 
■入試結果データを知りたいのですが?
入試課の入試結果データのページに掲載します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 
Copyright© 2006.daitobunka university all right reserved