大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

高等教育の修学支援新制度

高等教育の修学支援新制度について

高等教育修学支援新制度の趣旨

 本学は「国の高等教育の修学支援新制度(授業料減免・給付型奨学金)」の対象校として認定されました。
 本制度は、意欲と能力のある若者が経済的理由により進学及び修学の継続を断念することのないよう、原則として返還義務のない国費を財源とした奨学金が支給される制度です。授業料の減免と毎月の給付奨学金を同時に受けることができます。授業料の減免とは、学費のうち授業料分を減額する制度です。また新入生は、併せて入学金の減免を受けることができます(入学金減免は上限26万円まで、入学後4月~6月採用者が対象)。
 なお、本制度は学部生のみ対象(院生は対象外)です。

1. 支給および減免金額 ※給付奨学金自宅通学欄の()内金額は社会的養護に該当する方

支給および減免金額

2. 支援対象者の要件(基準)

3. 募集説明・申請手続き等スケジュール

 在学生への定期採用は、4月と9月に行われます。募集時期に学生支援センターより、主にDBポータルを通じて学生へ周知・連絡をします。本制度では、原則、授業料減免制度と給付奨学金の両方に申請をします。

対象者 募集スケジュール
予約採用 新入生のうち高校時
予約手続き済の学生
4月中旬…申請受付
5月中旬…申請受付
    支援開始(4月申請完了者)
6月中旬…支援開始(5月申請完了者)
定期採用 在学生 4月上旬…募集(申込)説明会実施・申請書類配布
4月下旬…申請受付
6月中旬…結果発表
二次採用 9月上旬…募集(申込)説明会実施・申請書類配布
9月中旬…申請受付
11月中旬…結果発表

4. 学費について

≪新入生≫
 高校時に予約手続き済みの方、入学後に本制度の申込を予定している方は、入学手続きの際は、入学金及び前期分のみ学費を納入してください。採否が決定し、採用手続きが完了した後に減免相当額を還付します。後期学費の納付書は、10月以降、授業料減免を反映させてから郵送します。

≪新規に申し込む在学生≫
 学費の納付書は3月下旬以降(後期分納の場合は9月上旬)に送付されますが、本制度の申込を予定している方は、採否が決定するまで、春採用の場合は前期・後期学費、秋採用の場合は後期学費の納入をしないでください。採否が決定し、授業料の減免額を反映させてから再度、学費納付書を郵送します。不採用の場合には、お手元にある学費納付書の金額で納入ください。※すでに納入された方は別途対応いたします。

≪すでに採用されている在学生≫
 学費の納付書は、前期分は5月以降、後期分は10月以降に、授業料の減免を反映させて郵送します。学費は半期ごとに納入していただきます。

5. 継続のための審査・手続きについて

 継続して支援を受けるために、年2回の審査(適格認定)及び年間を通じて行う手続きがあります。

継続のための審査・手続きについて

6. 制度の詳細について(対象者要件や継続審査要件)

 高等教育の修学支援金新制度に関する詳細は文部科学省及び日本学生支援機構HPをご覧ください。

家計急変を理由として奨学金受給をお考えの方

 新制度の「高等教育修学支援制度」においては、予期できない事由により家計が急変した場合でも一定の学業基準、家計基準を満たせば「給付奨学金」や「授業料等の減免」が受けることができます。
 家計急変の申込は随時受付しています。(原則、事由発生より3ヶ月以内の申込)

 新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した場合でも、急変後の所得の見込みにより要件を満たすことが確認されれば、本制度の支援を申請できることとなりました。
例えば給与収入者で、収入が減少した数か月分の所得から年間所得(見込)を計算し、要件を満たしていれば、申請が可能になります。

 まずは、以下の日本学生支援機構ホームページにて制度の概要と要件の確認、および「進学資金シミュレーター」の「給付奨学金シミュレーション(保護者の方向け)」を行い、申込要件に該当するかどうかを確認のうえ、申込みを希望される方は本学HPトップにリンクのある、問い合わせフォームより学生支援課へ早めにご連絡ください。その際、資料請求方法等を個別にお知らせします。

  • オープンキャンパス・進学説明会・大学見学
  • 資料・願書請求
  • 大東SPORTS
  • 情報センター
  • 図書館
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • DBポータル
  • 認証評価
このページのTOPへこのページのTOPへ