大東文化大学 大学院/アジアから世界へ―多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 大学院

メニュー

大学院 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • お問い合わせお問い合わせ
  • 出願はこちら出願する

院生・修了生からのメッセージ

メッセージ一覧に戻る

留学生として来日、現在、中国の大学で教える張双蓮さん

2010年3月、博士号(政治学)取得
現在の所属:フフホト民族学院(中国・内モンゴル自治区)管理系副教授

法学研究科で学んだこと

現地の大学で教員をしていたのですが、専門的な知識が不足していたので、もっと研究して教員にふさわしい能力を身に着けたいと思い、大学院に進学することにしました。大学院では、学術研究の厳しさを学びました。また、日本語で論文の執筆やシラバスの作成をするのに、とても苦労しましたが、今になってはいい思い出です。現在、中国内モンゴル自治区にある大学で教員をしていますが、研究活動のみならず、授業の進め方や学生への論文指導には、大学院で学んできた経験がとても役に立っています。

日本に来た当時は、指導教授や日本人の大学院生とどのように接すればいいのか迷うことがありましたが、いろいろ話しをするにつれて、習慣や風習は異なっても同じ人間であることを実感しました。学位を取得し、中国に帰国するとき、指導教授や大学のスタッフ、他の大学院生と別れるのはとても辛かったです。大東文化大学での大学院生活は、とても大切な宝物です。

受験生へのアピール

大学院に入学する前に、十分な日本語能力はもちろんのこと、自分が研究したい分野をある程度勉強しておくことが必要です。外国に住めば、言語の壁や異なる習慣でいろいろ苦労することがあると思います。でも、法学研究科はとてもアットホームなところですから、一人で悩まず、指導教授や大学のスタッフ、他の大学院生に気軽に相談してみましょう。いろいろアドバイスをしてくれると思います。また、他の大学院生と研究分野について話すのも、専門的な日本語能力を高めるいい機会だと思います。大学院生活はあっという間ですから、悔いのないよう頑張ってほしいと思います。

  • DB PORTAL
  • 証明書発行について
  • 情報公開
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • DB PORTAL
  • 証明書発行について
  • 情報公開
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ