大東文化大学 大学院/アジアから世界へ―多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 大学院

メニュー

大学院 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • お問い合わせお問い合わせ
  • 出願はこちら出願する

院生・修了生からのメッセージ

メッセージ一覧に戻る

税理士として活躍する田中達也さん

2014年3月、修士号(法学)取得
現在の肩書:税理士法人ナビオ 代表社員、税理士

法学研究科で学んだこと

事業会社(メーカー)に7年半勤務した後に大東文化大学大学院法学研究科の門を叩きました。法学部出身ではなかったため、大学一年生とそう変わらない法律知識からスタートしました。しかし、森教授を始めとした法律研究科の教授の方々の熱心な指導もあり、法学修士として必要な知識を身につけられただけに留まらず、法律を扱うものとして一番大切な、論理的思考力、バランス感覚を身に着けることが出来ました。学問は、本来楽しいもので、決して辛くて苦しいものではないはずのものであることを思い出させてくれました。

受験生へのアピール

現在は税理士法人の代表として税理士業を営んでおります。法学研究科で専攻していた税法はもとより、民法、会社法、行政法などの隣接分野に関する知識や考え方も、税理士としてお客様の税務・会計・財務コンサルティングを行うにあたり、非常に役に立っております。

大東文化大学の法学研究科の指導教授の方々は、日常的な営業活動に内包される、法的な関係や問題に関する疑問に、自ら一定の回答を導くことが出来るまで、とことんお付き合いして下さります。その経験こそが、顧問税理士、コンサルタントとしてお客様の問題解決へと導く力の礎になっています。 私は、そうした実践的な学問をされたいという方に、大東文化大学の法学研究科で法律を学ぶことを強く薦めるものであります。

  • DB PORTAL
  • 証明書発行について
  • 情報公開
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • DB PORTAL
  • 証明書発行について
  • 情報公開
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ